日差しで酷い日焼けをしてしまったときの対策など

夏、強い紫外線を浴びたときにできるだけ肌のダメージを抑える方法を3つご紹介します。

1.日焼けして赤くなっているところを冷却する

2.ふんだんにローションをはたいてきちんと潤いを与える

3.シミを作らないためにもはがれてきた表皮を剥いてはいけない

この3つは本当必須!
本当は日焼け自体しないほうが良いのですけど、
もしうっかりしてしまった場合は必ずやったほうがいいですよ。

美白ケアは肌がある程度、回復してからじゃないとダメです!

美白もしくはホワイトニングとは、黒色色素が薄く、更に白肌を重視するビューティー分野の観念、
また、そんな状態のお肌そのものを指します。
大抵は顔の肌について使用されることが多いです。

そしてお肌の回復の主な労力減は、ターンオーバーです。
本来、健康的なお肌のターンオーバー(新陳代謝)は28日周期になっていて、何時も新しい肌細胞が誕生し、常時剥落しているのです。
こうした「日々の生まれ変わり」によって皮ふは若々しい状態を保持しています。

ただ年齢を重ねたり、若くても不健康な生活を続けていると、
ターンオーバーが乱れてしまうケースがあるので、注意はしたほうがいいですね!
気を付けましょう!

それではプチ美容講座でしたー。

2017年11月2日 日差しで酷い日焼けをしてしまったときの対策など はコメントを受け付けていません。 未分類