美容外科にいってでも若くキレイであり続けたい

肌の乾燥によるかゆみの誘因のほとんどは、年齢を重ねることによる角質層の細胞間脂質と皮脂分泌の縮小や、洗顔料などの過度使用に縁る皮膚のブロック機能の劣化によって現れます。

もう一つ、弛みに大きく関わっているのが表情筋。
これは色んな表情を作り出す顔に張り巡らされた筋肉のことです。
肌のコラーゲンと同じく、表情筋の働きも加齢に従い鈍くなります。

この国では、肌が透き通るように白くて黄ぐすみや目立つシミが出ていない状態を最良とする美意識は現代以前から浸透しており、「色の白いは七難隠す」という諺があるくらいだ。

本来、健康的な皮ふのターンオーバーは28日周期になっており、日々新しい肌細胞が誕生し、何時も取り去られています。
これらの「日々の生まれ変わり」によって私たちの肌は若々しさを保ち続けています。

「デトックス」というワード自体は浸透しているが、
あくまでも代替医療や健康法の一種として考えており、治療行為とは別物であると把握している人は多くないようだ。

美容外科で手術をおこなうことについて、恥ずかしいという感覚を抱く患者さんも少なくないので、施術を受けた人たちのプライドやプライバシーを冒さないように気配りが特に重要である。

形成外科や整形外科とは異なり美容外科が欠損や損壊のない健康な身体に医師が施術をおこなうという容貌重視の医療行為なのを差し置いても、
危機管理や安全性の確立がなっていなかったことが大きな元凶と言えよう。

日本の医療がクオリティ・オブ・ライフ(quality of life=生活の質)を重視する空気に包まれており、
物づくりに代表される市場経済の円熟と医療市場の巨大化により、
美意識に基づいた美容外科(Plastic Surgery)は今非常に人気のある医療分野だということは間違いない。

2017年11月5日 美容外科にいってでも若くキレイであり続けたい はコメントを受け付けていません。 未分類