浮気について考察

前提として、浮気というのは、やっぱりされたら嫌な気分になるものというのは、否定しようもないわけです。
そして相手を大切にするのが、パートナーシップの基本であり、
なので浮気というのは、やはりしないほうが良い行為でしょう。

けどまあ、浮気だけが特別悪いというわけではありません。
例えば、経済的・精神的DVなんかも、浮気と同じかそれ以上の精神ダメージを与えることは多々あるわけですからね。

ちなみに未婚の交際期間であれば、浮気というのは、はっきり悪だとはされていません。
既婚者の場合も、有責で離婚になるから慰謝料が必要になるだけで、浮気とか不倫とかが、犯罪というわけではありません。
しかし道徳的にはどう考えても悪いことなわけです。
でもこれは単純に相手の気持ちを考えていないから、悪い行為だと捉えるべきでしょう。

逆に未婚のうちであれば、相手が酷い行為をしてくる、いつも身勝手な行動をするとかいうのであれば、
身勝手な思いで浮気をするのも、相殺されてしかるべきなんじゃないかなと思います。

結婚していたり、子どもがいる場合とかは、また少し事情が違ってきますけどね。
何せそういう状態になると、大抵自分たち2人だけの問題では済まなくなっている状態ですから。

浮気も不倫もしないのが、そしてしないで済むのが一番でしょう。
まあ深い理由あっての浮気や不倫は、それ自体は悪い事に間違いないにしても、相手の悪さも悪さで裁いてしかるべきとは思いますけどね。

恋愛